楽天市場を騙る詐欺メール

楽天に登録していないメールアドレス宛に、楽天市場を騙る詐欺メールが届いていました。サンプルとしてメールのキャプチャーを示します。

リンク先は詐欺サイトへと繋がっています。

こういった詐欺メールが届いた時に確認しておいた方が良いのは、送信元のメールアドレス。iPhoneやiPadの場合は差出人の青文字の部分をタップすると差し出し元のメールアドレスを確認することができます。

多くの詐欺メールは差出人の表示名を偽装しているけれど、メールアドレスは適当な文字列になっていることが多いです。

Appleからのメールに見せかけた例
@以降はberilaahpe**********ble.comなど適当な名前になっています。

「あれ、おかしいな?」と思ったら、まずはメールアドレスを確認するだけで詐欺メールかどうかを奮いにかけることができます。
うっかりリンクを開く前にメールアドレスの確認♪

今回の楽天市場を騙った詐欺メールはこれよりも少しだけ巧妙にできていました。

メールアドレスの部分もmyinfo@rakuten.co.jpに偽装されています。

今回は楽天に登録していないメールアドレス宛に来ていたので問答無用で迷惑メールだなとわかりましたが、登録しているアドレス宛だと一瞬信じてしまうかもしれません。

それでもメールに書かれているような不正アクセスがあったかどうか心配な場合はログイン履歴を確認してみましょう。
楽天の場合はログインした後に会員情報を開きます。

会員情報ページを開いたら、ページの中央下あたりにある「ログイン履歴」を確認しましょう。

ログイン履歴に表示されているIPアドレスが自身のIPアドレスかどうか確認しておきましょう。

すこしでも怪しいなと思った場合は、
・身に覚えのない内容のメールに記載されているリンク、URLはクリックしない
・リンク、URLをクリックしてファイルがダウンロードされる場合は開かない
・不明な添付ファイル(ZIP)は開かない
・宛先に自分以外の複数の受信者が入っているメールは開かない
・差出人のメールアドレスが適当な文字列のメールは無視する
・メール本文に書かれている連絡先には連絡を取らない
などで自衛しておくのがベターです。

Prev 白鳥
Next 雪の松本

Leave a comment