EOS R / EOR RP新AF強化ファームウェア

キヤノンが8/27にEOS R / EOS RPの機能向上ファームウェア紹介動画をアップしました。

EOS Rのファームウェアバージョンは1.4.0

EOR RPのファームウェアバージョンは1.3.0のようです。

EOS R / EOS RP機能向上ファームウェア紹介動画

こちらの動画を見てキヤノンの予告サイトを見ると


・瞳AF検出精度の向上により、画面の中で主被写体の人物の顔が従来より小さい状態からでも瞳を安定的に検知することができるようになります。

・AF枠の表示速度向上により、素早く動く被写体に対して、AF枠が従来より的確に追従するようになります。

・AF性能の向上により、画面の中で素早く動く被写体を、従来より小さい状態からでも細くし、その後もより安定的に細くしつづけるようになります。


という神アップデート!!

EOS Rだけを使って写真を撮っていると、

ミラーレスカメラの顔認証・瞳認証はこんなものかなー

と思って幸せなまま暮らすことができるんですが、

Sony αシリーズを触ってしまうとかなり見劣りしてしまう状況でした・・・。

・顔が横を向くとすぐにAFが外れてしまう

・AFポイントの表示が遅いので、実際にピントがあっているのかどうか不安

・バストアップくらいアップにしないと瞳AFが効かない

・動き回る子供を撮るときにすぐにAFが外れちゃう

というところがずーーーーっと気になっていて、

顔認証・瞳認証はぶっちゃけ「おまけ」という認識でいました。

それが今回のアップデートでは、

・被写体がかなり遠くにいる段階で瞳認証している

・AFポイントの遅延が少なく見えるのでストレスがなさそう

・人物の認識精度が上がっているように感じる

という、今までの不満な点をがっつり解消してくれ(そう)なアップデートです。

気になるファームウェアの公開は

9月末!!!

早く試してみたいですね♪