CanonとFujifilmの肌の色

あれ、思いの外色味違ってますね。

片方はEOS R、もう一方はX-T3で撮影した写真です。

皆さんはどちらがEOS RかX-T3かわかりますか?
(正解は一番最後に)

光源はみんな大好きGodox AD2001灯+傘バン

今回ホワイトは背景紙で取ってマニュアルホワイトバランスに設定しています。

ピクチャースタイル/フィルムシミュレーションは各社代表的なものに設定し、
 キヤノン:ピクチャースタイルスタンダード
 フジフィルム:フィルムシミュレーションPROVIAスタンダード
にして
カメラの設定は両方とも
ISO400 1/125sec f/5.6に設定しました。

EOS RもX-T3も瞳AFに対応しているので、シンプルな背景で人物を撮影する時には、瞳AF+コンティニュアスAFに設定しておくとモデルが多少動いても瞳にピントを合わせ続けられるので撮影が非常に楽になります。

EOS RとX-T3の瞳AFを比較してみると、EOS Rの瞳AFの方がやや優秀かなという印象でした。赤ちゃんが下を向いたりちょっと激しく動いたりするとX-T3はAFフレームが瞳から外れてしまいますが、EOS Rは比較的食いついている様子でした。

Sonyの瞳AFも使ってみたいところですが、如何せん金欠(笑)

またしっかりお仕事しなきゃなと思います。

で、写真ですが

上がEOS R

下がX-T3です。

結構肌色のでかたが違うので、たまには違うメーカーのカメラを使ってみると新しい発見ができて楽しいですね。

Prev お家の中で簡単に作れる大光源
Next CaptureOneでLoupedeck+を使う

Leave a comment