Canon EOS R5開発発表

キヤノンは2020年2月13日にEOS R5を発表しました。発売は2020年内を目指していて、同時に計9種類のRFレンズの開発もアナウンスされました。

EOS R5は次世代EOS Rシステムへと移行・・・・あれ、私のEOS Rはもう前世代ですか。

EOS R5の詳細な仕様については現時点ではほぼわかっていませんが、

  • 8K動画撮影機能
  • キヤノン初ボディ内手ぶれ補正
  • 電子シャッター20fps/メカシャッター12fps
  • デュアルスロット対応

と、EOS Rで不満だった点を一気に解消しに来ました。

(EOS Rでやっておいてくれよぉ)

EOS R5スペシャルサイトを確認してみると、EOS Rから操作系も変わっているところに気づきます。

赤矢印

5D系にあるマルチコントローラーがファインダー横に追加されています。EOS RでAFポイントを移動させる場合、十字キーにAFポイント移動を割り振るか画面をスワイプして移動する必要がありました。EOS R5では独立したマルチコントローラーで移動ができそうです。
最近発表されたEOS 1D Mark IIIのスマートコントローラーとは形状が違うので、EOS 1D Mark IIIのスマートコントローラーのように指で触れてスライドしてAFポイントを移動するということは出来なさそうです。

青矢印

クイック設定が独立したボタンになりました。
これまではモニターで操作するかSETボタンにクイック設定を割り振るかしないといけなかったのが独立したボタンになっています。
クイック設定で操作できる項目は豊富にあってすぐに設定を変更できる反面、設定を帰るのに2アクション以上必要なのが玉に瑕。画面を見なくても操作できる方が個人的には嬉しいので、のんびり撮影するようなケース以外ではあまり使った事がありません。

緑矢印

十字キーだったところが、5D系のサブダイアルのような形状になっています。
EOSのサブダイアルでは絞り値を変更したり、○○優先モードでは露出補正を行ったりと便利なダイアルでした。EOS RではMODEダイアルがその役割を担っていたのですが、EOS R5では背面のサブダイアルが復活しているようです。
これまで通り絞り値の変更ができるのもいいですが、MODEダイアルでケルビンを100k単位で変えられたり、ボタンを押しながら回すと設定を変更できるような組み合わせができるとわざわざ画面を見ながら設定を変える手間がなくなって嬉しいな。

やっと本気を出してきたキヤノンという印象のEOS R5

発売が楽しみですね。

Prev 一太郎Pad
Next CP+2020中止

Leave a comment