EOS Rのタッチ液晶

EOS 5D Mark IVと同等の画質で一回り以上コンパクトなEOS R

5D4にあってEOS Rでなくなっている操作系がいくつかあります。

そのうちの一つが「マルチコントローラー」

5D Mark IVを使うときはオートフォーカスの場所を移動させたりするのに便利なレバー?です。

メニューを選択するときにも使えるのでとてもべんりでしたが、

マルチコントローラーはEOS Rではなくなっています・・・。

代わりに搭載されているのが、

「タッチ& ドラッグAF」

ファインダーを覗きながらオートフォーカスの位置を変更する点では

マルチコントローラーと同じ働きをしますが、

こちらは右手親指でモニターをなぞるだけでオートフォーカスの場所を変更できる優れものです。

移動については、

・相対位置:現在のオートフォーカスの場所を基準に移動

・絶対位置:画面の場所に対応するところにオートフォーカスのばしょを移動

の2通りで操作ができるので、

直感的に「ここっ」と決められる絶対位置が個人的にはおすすめです♪

次回は瞳オートフォーカスと顔認証オートフォーカスについてだらだらと書いていきたいと思います。

Prev EOS Rのマルチファンクションバー
Next EOS Rファームウェア1.2が4/18に登場?

Leave a comment