EOS Rのボタンカスタマイズ

半年近く使ってやっとEOS Rのボタンカスタマイズが落ち着いてきました。

現在設定しているのはこんな感じ

赤文字はボタン類で変更したところ

青文字はM-Fnバーの変更したところです。

個人的にここが一番使いやすいというポイントは

ホワイトバランスをマニュアルファンクションバーで変更するところです。

撮影時の設定が反映されるミラーレスカメラの場合、

カメラで設定しているホワイトバランスも反映されてみることができるため、

すぐに変更できるようにしていると非常に便利です。

最終的にはM-Fnバーを

  • 左タップ:ホワイトバランス→K(ケルビン)に設定
  • 右タップ:ホワイトバランス→AWB(オートホワイトバランス)⇄AWB W(オートホワイトバランス 雰囲気優先)切り替え
  • M-Fnバースライド:ケルビン値の変更

に設定すると非常に撮影しやすいなというところにたどり着きました。

そのほかのボタン類については

使用頻度の高いものを色々と割り振って使っていますが、

  • AFワンショット⇄AFサーボ切り替え
  • ピクチャースタイル変更

については親指が届きやすい右側のボタンに割り振っていると非常に便利でした。

9月末には瞳AF機能向上ファームウェアもリリースされる予定のあるEOS R

これからの進化にますます期待できますね。

Prev ふんわりした子供写真を撮る手順
Next 85mm1本で撮るおわら風の盆

Leave a comment