MacBook Proバッテリー交換

出張用にしようしているMacBook Pro(2013 late 15inch)のバッテリーを交換しました。

経年劣化に伴うものだと思いますが、

バッテリーが膨張してしまいかなり怪しい状態で運用していたところでした。

ぐらぐらするMPB

こちらを見ていただくとわかるように、

パソコンの端をゆびで押すと筐体がぐらぐら揺れます(笑)

しかも、パソコンの上に平らなものを載せると、

膨らみによって隙間ができる始末・・・。

中央がもりっともりあがってますね(^◇^;)

筐体が不安定以外に、

・トラックパッドが効かない

・マウスのカーソルが勝手に動く

・勝手にクリックされる

・スピーカーの音がおかしい

・タイプ中に筐体から「パキッ」と音がなる

など、

瀕死状態に近い環境でした。

古いパソコンだしとっくに保証期間は過ぎています。

Appleに修理に出すとおおよそ20,000円ほどかかるようなので、

いっそのこと自分でバッテリーを交換してみようかなと思いました。

というわけで注文したのがこちらのバッテリー

SLODA 交換用バッテリー

お値段は約8,500円

本当に使えるかどうかわかりませんが、

現状のふくらんだバッテリーのまま使用するよりは安心かなということで注文。

製品の中にはバッテリー交換に必要なトルクスドライバーも同梱されています。

(注意)MacBook Proのバッテリーを自身で交換すると、サポート対象外になりますので自己責任でね♪

まずMacBook Proの背面のネジを外していきます。

外すのは赤い丸の付いている10箇所

ネジを外すとパンパンに膨らんだバッテリーと、

長年の埃を溜め込んだ基盤と面会できます。

まず、赤いまるでかこっている端子を外し、

次に青い丸でかこっている部分のネジを外します。

バッテリーはMacの本体に両面テープで固定されています。

これを慎重に外して新しいものに入れ替えます。

交換する前はきちんと動くかどうか心配でしたが、

交換後は特に問題もなく動作しており、

膨らんだ筐体も、トラックパッドの動作も元どおりになりました。

無事に使えるようになったので、

もう2〜3年はこのMacBook Pro(late 2013)に頑張ってもらおうと思います。

Prev Tamron 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLDで撮るマクロ
Next ストロボ選び

Leave a comment