TAMRON 18-400mm f3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

タムロンから発売されている18-400mm f3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028 以下B028)は、

APS-C用の高倍率ズームとしてとても人気のあるレンズです。

35mm換算では29-640mm相当の焦点距離を1本のレンズでカバーできる優れもの。

では、実際に広角端から望遠端まででどういう絵が撮れるかというと


焦点距離18mm


焦点距離35mm


焦点距離50mm


焦点距離70mm


焦点距離100mm


焦点距離200mm


焦点距離300mm


焦点距離400mm


どうですか、これ?

すごくないですか?

1本のレンズで同じ場所からこれだけのバリエーションが撮れてしまいます。

このレンズが一番活躍しそうなのは、

春と秋に行われる運動会ではないでしょうか。

1本のレンズで

雰囲気の伝わる広角の写真と

子供の表情までしっかり捉えられる超望遠までカバーしているので

使い勝手は他のレンズとは比べものにならないです。

運動会などの屋外でレンズ交換する際は、

カメラにゴミが混入するリスクもあるので、

1本付けっぱなしにしていれば好きな画角で撮れるのは

カメラにも優しい1本ですね。

では、また♪

Prev 蛍撮影時のカメラの設定
Next GODOX V1使ってみたところ・・・。

Leave a comment