お知らせ

無料撮影会のご案内

 

撮影プランの詳細や、実際に撮影されたお客様の感想はホームページで公開中。

下記のロゴを押すと、ホームページへ移動します。

logo1.jpg

https://peraichi.com/landing_pages/view/photo-tori-masu

 

◯LINE@認証アカウントを取得しました!

友だち追加をすると、長野県内での無料撮影会の案内やクーポンが届きます。

友だち追加

(iOSのアプリが公開され次第、LINE公式アカウントに変更予定です)

 

最新の写真

キッズ撮影:Instagram

風景写真:Instagramfacebook

で公開しています。

フィルターホルダーを買おうかどうか悩み中

カメラのレンズの前につけるフィルター

種類はたくさんありますが、

レンズ保護を目的とするもの(保護フィルター)

通す光を選択するもの(PLフィルター)

光の量を減らすもの(NDフィルター)

写真にさまざまな効果をプラスするもの(ソフトフィルター、クロスフィルターなど)

などが一般的なものかと思います。

フィルターを買うときの注意点

持っているレンズの径に合うサイズのフィルターを探す必要があります。

一般的なf2.8通しの大三元ズーム(広角ズーム、標準ズーム、望遠ズーム)だと

広角:77mm

標準:82mm

望遠:77mm

となっていることが多いです。

フィルターは直径が大きくなればなるほど

値段も高くなってしまうので

PLフィルターだけでも2枚は欲しいし

NDフィルターの場合は濃さによっては数枚買わないといけない

なんてこともあります(ー ー;)

フィルターの大きさを解決する手段

レンズの径の違いごとにフィルターを買っていると

それなりにお金もかかるし、移動時の荷物もかさばってしまいます。

解決する手段は大きく2通りで、

1.ステップアップリングを使う

2.フィルターホルダーを使う

があるかと思います。

ステップアップリングを使う場合、

安いもので2〜3000円くらいで58mm〜82mmまでステップアップできるリングが売っています。

ステップアップリング

一番大きい径のフィルターを購入しておいて

手持ちのレンズの径から拡大していきます。

フィルターホルダーを使う場合

NisiやKaniやCokinなどから販売されているフィルターホルダーを使えば

レンズの径を気にせずにフィルターをレンズの前にセットできるようになります。

でも、私フィルターホルダーもっておりません(^_^;)

最近フィルターを重ね付けして撮影することも多いので、

フィルターホルダーあった方が便利だよねーって思うことが多いんですよね。

NDフィルターとPLフィルターを重ね付けした例

最近身の回りではKaniフィルター使っている人が多いので、

Kaniフィルターのスターターキットを買ってみようかと考えているところです♪

補助輪外して練習中

上の娘ちゃん

7月になって突然

「補助輪なしで自転車に乗りたい!!」

と言い出しました。

それまでは補助輪付きでも特に何も言わなかったのに、

ある日突然チャレンジしたくなったみたいです。

ちょっと前に小学校で小さな子たちが

補助輪の付いていない自転車で

颯爽と走っていたのを見かけました。

娘ちゃんもきっとその姿を見ていたんだと思います。

皆さんもご存知の通り

補助輪なしの自転車に乗りたいと言っても

すぐに乗れるようなものではありません(^◇^;)

ストライダーとかで慣れている子は

補助輪なしの自転車にも早く慣れるという話を聞きますが、

うちの娘ちゃんはストライダーには触ったこともないです。

すぐに諦めるんだろうなーとおもいつつ、

補助輪を外してあげると

最初はやはりちょっと進むだけで転びそうに・・・。

<EOS R + EF50mm f1.4 ISO100 f1.6 1/500sec + GODOX V1 TTL>

とりあえずは足で地面を蹴りながら

バランスをとって前に進むことだけ練習しました。

それだけでも案外難しいようで、

蹴って進むというよりは

自転車にまたがって歩く状態。

それでもチャレンジする姿勢に感動しながら応援していました。

なお、サドルがちょっと高かったようで、

「サドルを低くしてー」

と家に帰ったのはいいものの、

家に帰るなり

「動画見てもいい?」

おいおい・・・せっかくサドル下げて練習に付き合おうとした

親心どうしてくれるんじゃいっ!!

ってことでその日の自転車の練習は終了しました(笑)

苔の森

長野県の某所にある苔の森

梅雨の時期になると水分をたくさん含んだ苔に無性に会いに行きたくなります。

苔の森に近い場所で有名になった場所が御射鹿池ですね。

<Fujifilm X-H1 ISO800 f8 1/30sec 50mm>

農林水産省のため池100選にも選ばれている池ですが、

日本画家・東山魁夷の「緑響く」のモチーフとしても有名な場所です。

ちょうどこの梅雨時は緑の色も深くなり、

天候が悪い日には靄で霞んでより幻想的な風景が見られます。

数年前には観光客向けに周辺も整備され、

大型バスが停められる駐車場や観光保護の柵なども整備されました。

以前は池のほとりまで降りられたのですが、

人が多くなると足元とは急激に踏み固められますので、

これもまたしかたのない話ですね。

そんな御射鹿池から車を走らすこと20分

今年もステキな姿を見せてくれた苔の森

<Fujifilm X-H1 ISO1250 22mm f8 1/8sec>

この日は雨が降ったり止んだりの天候で、

ちょうどよく苔も湿っていて生き生きとした姿を見せてくれていました。

この日のうっかり

「アルカスイス互換雲台の三脚しか持ってきていなかった」

アルカスイス互換の雲台は脱着がすごく便利で

手持ち撮影と三脚に固定して撮影するを交互にくりかえしたり、

三脚で撮影したとに移動したい場合などに簡単に脱着出来るのがいいところなのですが、

カメラ(又はレンズ)側にアルカスイス互換のプレートなどが付いていないと

そもそも雲台にカメラを乗せることができません。

この日うっかりプレートをはずしたまま出かけてしまい、

現地に着いて準備している時に

「あれ?三脚にカメラ載せられないじゃん!!」

って慌てる始末(笑)

使えないものはしかたがないので、

カメラバッグで固定してぶれないように工夫したり、

体を木にもたれてぶれ防止したりなんかしながら撮影しておりました。

高感度に強くなったと言われる最近のカメラでも、

できればISO800くらいまでで抑えていたいケースもありますよね。

撮影失敗談も踏まえて

次回は滝を撮りに行こうかと計画中です。

ではまた。

諏訪大社へお参りへ

今日は3連休最終日

久しぶりの家族みんなオフでしたので、

諏訪大社へお参りに行ってきました。

個人的に一番気になったのは下社春宮から万治の石仏へいく途中の浮島社

どんな水害時にも流されないと下社七不思議の一つとして語り継がれているようです。

浮島社をすこし奥へ行くとあるのが万治の石仏

高さ2メートルほどの石仏が鎮座しています。

石工がこの地にあった巨石にのみを入れたところ、

巨石から血が流れ出したようです。

その石工は驚いて、石に阿弥陀如来を祀ったと言われています。

お参りの仕方は

1.正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」と心で念ずる

2.石仏の周りを時計回りに回りながら願い事を心で唱え3周する

3.正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼

3周回るとやや目が回りました・・・。

その後、下社秋宮へ

こちらはブライダルの撮影とプライベートでも何度か訪れたことのある場所です。

わが国最古の神社の一つに数えられており、

立ち寄った時に感じる空気感はまさに神域

気持ちよくお参りできまして、身も心もスッキリできた三連休最終日でした。

思い込みは怖い

最近よく使っているミラーレスカメラ

EVF(Electric ViewFinder)がではじめた当初、

「カメラは光学ファインダーをのぞいて撮ってなんぼ」

なんて言っていた私もすっかりミラーレス派に。

ミラーレスカメラの一番の恩恵は、

・ファインダーでほぼ完成系の絵を見ながら撮影できる

事だと思っています。

光学ファインダーの一眼レフでは、

・経験から露出を決めて撮る

・とりあえず撮って背面モニターで確認して露出を合わせていく

などで対応していて、それはそれで便利だったんです。

フィルムで撮って現像するまでわからないという事がない訳です。

ただ、光学ファインダーで撮っているときに

太陽が雲から出たりかくれたりする露出が急激に変化するようなケースでは

マニュアル露出で撮るのに非常に苦労します。

これがミラーレスカメラの場合だと撮る前に対応ができるんです。

背面モニターまたはEVFで見ている画像が、

撮った際にできあがる絵とほぼ同じだから、

一眼レフの時のように「撮った後じゃないとわからない」というストレスがないわけです。


前置きが長くなりました。

FujifilmのX-H1で撮影をしている時に常々

「EVFと背面モニターで絵が全然違うから気持ち悪いなぁ」

「パソコンで確認した時は背面モニターの色味に近いんだけどなぁ」

と思っていました。

前述の通りファインダーでのぞいた絵が完成形であるメリットが

Fujifilm X-H1ではなぜ当てはまらないんだろう・・・。

と思いながら

きっと最近出たEOS RはEVFの性能が新しいからよくて

X-H1はちょっと前にでた機種だからEVFがそこまで良くないんだろうな

なんて思い込んでいました。

素直に謝ります。

Fujifilmの方ごめんなさい。

ちゃんとマニュアル読んでいませんでした。

X-H1のメニューを見ていくと

ナチュラルライブビューという項目があります。

この機能、どういう機能かというと

「撮影画面に撮影効果を反映するかどうかを設定する」機能です。

もっと詳しくいうと

カメラの設定(ホワイトバランスやフィルムシミュレーション)を反映した画像が表示されるかどうかという機能で、

ONの場合は撮影効果を反映せずに見やすさを重視した見た目になり、

OFFの場合は撮影効果を反映した画像を表示する

・・・というもの。

デフォルトではONなので、

いままでファインダーで見ていた絵は

撮影効果を反映していない絵だった。

という訳です。

1年以上使っていてこのメニューの存在すら知らなかったため、

見た目と仕上がりの差異をカメラのせいにしていた自分が恥ずかしい限りです。

みなさまは自分の撮影がどっちの方が自分に合うかという視点で決めてみてくださいね。

ではまた。

ストロボをカメラから離して使う際の超基礎知識

親機と子機

ストロボをカメラから離して使う際に必要なものは、

カメラ側につける親機(トリガー)と

ストロボ側につける子機(レシーバー)です。

ストロボにはレシーバーとしての機能が内蔵されているものが多いので、

ストロボメーカーが出している親機を買えば遠くのストロボを発光できます。

キヤノンのストロボを使っている人は、

親機:ST-E3-RT

子機:スピードライト 600EX-RT, 430EX III RTなど

ニッシンのストロボを使っている人は

親機:Air 10s, AirR

子機:i60A, i40など

ここで大切なのはキヤノンの親機(ST-E3-RT)からニッシンのi60Aは操作できない点です。

ストロボメーカーに合わせた親機を準備してあげましょう。

通信方式

親機と子機の通信は、赤外式か電波式のどちらかです。

赤外式は比較的古いストロボでも対応している方式で、

赤外線で親機と子機が通信してリモート発光します。

電波式は2.4GHz帯の電波を使い親機と子機が通信します。

電波式は赤外式に比べ

・遠くまで届く

・遮蔽物があっても届く

・日中の屋外でも安定して届く

とメリットが多いです。

最近の純正のストロボもRTとついているものは

すべて電波式ですね♪

親機と子機は揃えよう

最近は当たり前になっている電波式の通信方式

1点注意が必要なのは、異なるメーカーの親機と子機は互換性がないというところ

ニッシンのトリガーを使ってキヤノン純正のストロボは直接発光できません。

逆もまた然りで、相互に互換性がないので注意が必要です。

ストロボに受信機をつけて使うという選択肢もあります。

ストロボメーカーから発売されている親機と子機のセットで、

・コメット

RS-Transmitter-発信機

RS-Transmitter-受信機

のセット

・GODOX

X-Pro-▲(▲:メーカーのイニシャルCanon/Nikon/Sony)

X1R-▲

・Yongnuo

RF-603(親機と子機兼用)

などなど

そのほかのメーカーからもたくさん出ています。

安くていい!!

ストロボの出力はストロボ本体で直接変える!!

とりあえずストロボをカメラから離して使いたい!!!

と言う人はYongnuo RF-603がおススメ。

価格も親機と子機で合わせて6000円前後

ひとまず環境だけ整える分には十分な機材です。

GODOX X-ProとX1Rについては

カメラ側で離れたストロボの光量を変えたい!

いちいちストロボのところまで往復したくない!!

便利のためには多少のお金は惜しくない!!!

と言う人にオススメ。

実際よくできているので私も現状この組み合わせをメインで使っています。

X1Rと付属のコードを繋げばモノブロックにも使えるので、

正直コスパはかなりいいかなと思っています。

オフカメラストロボのやり方

最近は小さくてもパワフルなストロボがいろんなメーカーから出ています。

ストロボについての紹介はまた今度やるとして、

今日はストロボをカメラから離して光らせるのに必要なものを紹介します。


<必要なもの>

・カメラ

・ストロボ

・発信機(トランスミッター/コマンダー)

の3つ


ここで大事なのは

ストロボとトランスミッターのメーカーの組み合わせです。

カメラ本体を買うとレンズも必然とカメラに合うレンズを選ぶように、

ストロボもストロボメーカーと発信機のメーカーが同じでないと基本的には光りません。

最近私がよく使っているGODOX AD200はXPro-Cで光らせます。

Canonのストロボでスピードライト600EXや430EX IIIを光らせる時は、

ST-E3-RTというトランスミッターを使って、ストロボに信号を送ります。

ここで面倒なのは、いろんなメーカーのストロボを使い始めた時。

「私は純正しか使わないから心配ないよ」

と思っていた時期がわたしにもありました。

もちろんキヤノンからニコンに乗り換えたり、その逆だったりして

ストロボは別のメーカーのものが余っているなんてケースもあります。

そんなストロボメーカーの溝を埋めてくれるのが、

cactus V6 IIワイヤレスフラッシュトランシーバーです。

cactus V6 IIはカメラ側とストロボ側に必要なので、

ストロボをカメラから離して使いたいときは最低でも2台必要です。

この製品の一番の魅力は、各カメラメーカーと各ストロボメーカーに対応している点

これに尽きます。

Cactus V6 IIキヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス、パナソニック、メッツ、ニッシンから60以上のストロボに対応しています。

カメラ本体を別のメーカーに乗り換えても、

それまでに使っていたストロボをそのまま使えるのが嬉しいところです。


今日のまとめ

・純正しか使わない確固たる意思のある方は、それぞれ純正でそろえよう

・純正は高いから安いストロボを使いたい方は、そのメーカーが出しているストロボと発信機をそろえよう

・純正でとりあえず揃えたいけど安いストロボに浮気しそうという方は、Cactus V6 IIをそろえよう

以上です。

次回はそれぞれの機材でひからせる方法についてさらっと買いていこうかと思います。

自分の子供を撮る難しさ

明日は娘の7歳の誕生日です。

6歳最後の日を写真に残そうと思い、

家から車で10分のところにあるあじさい寺へ出かけました。

普段の撮影ではもちろんよその子を撮るわけですが、

その時によく親御さんから言われるのは

「お父さんがカメラマンだといい写真が沢山残せていいですね」

はい、もちろん娘の写真も沢山取りますので、

いい写真もそれなりに沢山あります。

が、それ以上に変な写真も沢山あります^^;

こればかりはどうしようもない話ですが、

「カメラマンとモデル」という関係ではなく、

「親と子」という関係が前提にあるのがハードルをより一層高くしてくれています。

通常の撮影ですと、

モデルさんの心に入り込むために

日常会話から好みの話までいろいろと話をしながら

その人を知っていくプロセスを経て撮影していきます。

これが娘の場合だと、

スタート地点がすでに別のところにあります。

お互い完全に知った仲

こう言えばどう反応するかもおおよそ見当がつく

よその子と違って「我慢をする」ができない関係でどうやって我慢してもらうか

そんな中でモチベーションを下げさせずに撮影に意識を持っていく・・・。

あれこれやったとしても、8割はいつもの顔になってしまうんですよねぇ。

まぁ、こういう無垢な表情も好きだからいいんですけどね。

ただ、撮りたい写真が撮れるかというと出来高2割程度になってしまいます(笑)

お互いの距離感をうまく保って

その時にしか見れない瞬間を切り取っていきたいですね♪

GODOX V1使ってみたところ・・・。

5月中旬にGODOXから発売されたV1

ヘッドが丸いのがProfoto A1とそっくりなこいつです。

特徴は丸型のヘッドとリチウムイオンバッテリー

丸型のヘッドは、

中央から端にかけて綺麗に光が広がり気になるようなムラもありませんでした。

リチウムイオンバッテリーは単三電池に比べてチャージサイクル(次に光るまでの時間)が短くて使い勝手が良く感じます。

また、フル発光で480回発光が可能なので、ブライダルの撮影などでも活躍することは間違い無いかと思います。

お値段は29800円で、カメラ純正のストロボと比べると控えめな値段設定でコスパもいいです。


ここからはちょっとイマイチな部分

  • オーバーヒート多発
  • フル発光で30回
  • ハイスピードシンクロのフル発光で15回
  • の条件でストロボがオーバーヒートしてしまいます。
  • 一度オーバーヒートするとストロボが冷えるまで光りません。
  • 具体的にどういうシーンでNGかというと

    晴れた屋外での撮影で、シャッタースピードが1/200以上の環境

    テンポよくシャッターを切っていると

    ものの1〜2分でオーバーヒートしてストロボがひからなくなります。

    いい天気に子供を追いかけながらストロボを使うと

    あっという間にオーバーヒートして使えなくなるイメージです。

    • 色温度ちょっと高め
  • GODOX V1に限った話では無いですが、
  • 他の小型のクリップオンストロボと同様に色温度がやや高め(6500〜6800K)です。
  • 他の光源とまぜてつかうときはちょっと注意が必要ですね。

  • まとめ
  • コストの割に悪くないストロボですが、
  • オーバーヒートや色温度が気になる人は
  • Profoto A1がオススメ
  • オーバーヒートだけ気になる人は

    Nissin MG80がオススメ

    オーバーヒートも色温度も気にしなくていいって人は

    GODOX V1がオススメ

    といった感じです。

    では、また♪

  • TAMRON 18-400mm f3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

    タムロンから発売されている18-400mm f3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028 以下B028)は、

    APS-C用の高倍率ズームとしてとても人気のあるレンズです。

    35mm換算では29-640mm相当の焦点距離を1本のレンズでカバーできる優れもの。

    では、実際に広角端から望遠端まででどういう絵が撮れるかというと


    焦点距離18mm


    焦点距離35mm


    焦点距離50mm


    焦点距離70mm


    焦点距離100mm


    焦点距離200mm


    焦点距離300mm


    焦点距離400mm


    どうですか、これ?

    すごくないですか?

    1本のレンズで同じ場所からこれだけのバリエーションが撮れてしまいます。

    このレンズが一番活躍しそうなのは、

    春と秋に行われる運動会ではないでしょうか。

    1本のレンズで

    雰囲気の伝わる広角の写真と

    子供の表情までしっかり捉えられる超望遠までカバーしているので

    使い勝手は他のレンズとは比べものにならないです。

    運動会などの屋外でレンズ交換する際は、

    カメラにゴミが混入するリスクもあるので、

    1本付けっぱなしにしていれば好きな画角で撮れるのは

    カメラにも優しい1本ですね。

    では、また♪