お知らせ

無料撮影会のご案内

キャンペーン中.png

 

撮影プランの詳細や、実際に撮影されたお客様の感想はホームページで公開中。

下記のロゴを押すと、ホームページへ移動します。

logo1.jpg

https://peraichi.com/landing_pages/view/photo-tori-masu

 

◯LINE@認証アカウントを取得しました!

友だち追加をすると、長野県内での無料撮影会の案内やクーポンが届きます。

友だち追加

(iOSのアプリが公開され次第、LINE公式アカウントに変更予定です)

 

最新の写真

キッズ撮影:Instagram

風景写真:Instagramfacebook

で公開しています。

EOS Rは蛍撮影に優しいカメラだ

へんなタイトルの記事でごめんなさい

蛍鑑賞の現場にいくと

「フラッシュ焚いてんじゃねーぞ!!」

「そこ光消せよ」

という怒号に遭遇した人もいるかと思います。

撮影する側の立場から見ると

「余計な光を写しこみたくない」

「長時間露光していたのに、フラッシュ(携帯の画面やカメラのモニターの光)で台無しだ」

という感じ。

撮影しない人にとっても暗闇になれた目に、

突然のフラッシュの光や明るい画面の光は結構な刺激になります。

—–

では、本題

タイトルにある「EOS Rは蛍撮影に優しいカメラだ!!」の

一番のポイントは・・・

こちらの「バリアングルモニター」です。

普段の撮影の際はこのように液晶画面が見える状態で使い、

移動時などはこのように液晶画面を隠してカメラバッグにしまうことができます。

はい、「液晶画面を隠して」使うことができるカメラなんです、EOS Rは。

一眼レフカメラとは違うんです!!

—–

EOS Rの良いところは

「ファインダー内で撮影した画像を見ることができる。

そう、背面液晶を光らすことがなくね!!」

という点にあります。

バリアングルを採用しているというだけであれば、

EOS Rと同じCANONから発売されているEOS 80Dや70Dも同様です。

しかし、これらのカメラの場合

撮影した写真を確認する際はモニターを表示しないといけない

(=外に光がもれる)

わけです。

他社ミラーレスカメラの場合

画像の表示先をファインダー(EVF)/ 液晶モニター(LCD)の切り替え機能があります。

ファインダーに目を近づけると自動的に表示先を切り替える設定にしている人も多いのではないかと思います。

EOS Rの場合は、

表示先切り替えボタンを押すこともなく、

メニューから表示先をえらぶこともなく、

バリアングルモニターをひっくりかえすだけ。

ただこれだけで、周りの人に配慮した暗所撮影ができるわけです。

これは蛍撮影に限らず、星景撮影の際にも便利ですね。

—–

おまけ

メモリカードにアクセスする際に必ず光るコレ

もし、暗所撮影で気になるひとがいれば、

こんな感じでパーマセルテープを貼っておくと

光漏れの心配もなく

周りの人への気配りも問題なく

自分の撮影に集中できてGoodです♪

では、また♪

蛍撮影のコツ

梅雨真っ只中の6月中旬

各地の蛍の名所では蛍が乱舞し見る人の心を癒してくれています。

そんな蛍の撮影について触れてみたいと思います。

—–

蛍の光を撮影する際に必要なもの

①カメラ

②三脚

③レリーズ

④その他もろもろ

—–

①カメラ

蛍を撮影する際に必要なカメラとしては、

シャッタースピード・絞り・ISO感度を自分で設定できるカメラが便利です。

シャッタースピード・絞り・ISOをカメラで自動で設定するしかないカメラだと

蛍の光跡をのこすことが難しいんですよね。

撮影するときの設定は

ISO:400〜1600

シャッタースピード:バルブ

絞り:開放

あたりを目安にするといいです。

②三脚

蛍の光跡を残すためには

シャッターを4秒〜数分開きっぱなしにすることがあります。

その間にカメラが動いてしまうとせっかく写り込んだ風景までブレてしまいます。

三脚にカメラを固定して撮影してあげましょう。

③レリーズ

シャッターを切る際に、カメラ本体がブレないようにするためのものです。

最近のカメラにはBluetoothやWi-fiが搭載されているものも多く、

スマートフォンからカメラのシャッターを切れるものもあります。

とても便利な機能なんですが、蛍撮影のときはちょっとした落とし穴が。

「スマホの灯りが周りの迷惑」

になってしまうことがあります。

蛍撮影をする際にはいろんな場所からたくさんのカメラマンが蛍を狙っています。

合成して1枚の写真を撮る人は4秒〜30秒

長時間露光して1枚で作品を取ろうとする人は数分

懐中電灯のあかりだったり、スマホの灯りを映しこまないように・・・と

頑張っている人もいるかもしれません。

そういう人とトラブルにならないように、

もちろん蛍の邪魔をしないために、

余計な灯りはともさないようにしたいところです。

リモートレリーズですと光る要素が(ほぼ)ないので、

周りの人にも蛍にも優しい撮影ができます。

—–

④その他もろもろ

蛍の時期は急な天気の変化もあるので、

雨対策に折り畳み傘やビニール袋なんかがあると便利です。

急な雨が降っても一時的なものであれば、

雨上がりに蛍が乱舞することもあります。

「雨が降ったからハイ終了」

だと、その後の景色を見逃してしまうかもしれませんね。

次回は、蛍撮影にはEOS Rがうってつけ!!をお送りしたいと思います。

では、また♪

買ってよかった機材 その4

Peak Design(ピークデザイン) アンカーリンクスAL-4

どういった製品かというと、

カメラにつけるストラップをさらに使いやすくする製品です。

実際の使い方はこのように、カメラ本体とストラップの間に噛ませてあげます。

で、何が便利かというと

①お気に入りのストラップを複数のカメラで使いまわせる

②ストラップが邪魔な時にすぐに外せる

③気分に応じてネックストラップとグリップストラップを簡単に付け替えれる

です。

①お気に入りのストラップを複数のカメラで使いまわせる

お気に入りのストラップには色々とあるかと思います。

「デザインが気に入っているもの」

「疲れにくいもの」

「長さ調整が簡単にできるもの」

いろんな理由でそれぞれ使いやすさがあるかと思います。

ストラップをカメラ本体に取り付けていると、

いざ外そう!という時に

輪っかを通してストラップの端を引き抜いてくぐらせてまた引き抜いて・・・と

非常に手間がかかります。

ピークデザイン アンカーリンクスの場合、

中央を押し込んで、

引き抜くだけで、

カメラからストラップを外すことができます。

付け替えの手間もほんの数秒ですね。

②ストラップが邪魔な時にすぐ外せる

普段カメラをぶら下げているとあまりないシチュエーションに思いますが、

「カバンに収納する際にストラップが邪魔」

「三脚にカメラを据えて撮る際に、風でストラップがなびいてカメラがぶれる」

「動画を撮る時にストラップがぷらぷらして邪魔」

なときが、私はよく遭遇します。

そんな時にふつうのストラップを付けていると

なかなか簡単に外そうと思えないので、仕方なくどこか妥協しながらつかうことになります。

ピークデザイン アンカーリンクスを使っていると、

外す手間はわずか数秒ですみます。

風で揺れるストラップにストレスを感じることもなく

カバンに収納する際のスペースを気にすることもなく

ストレスから解放されます。

③グリップストラップとネックストラップを気軽にかえられる

取り外しが用意なことは先にも説明しました。

ピークデザインからは専用のネックストラップやグリップストラップまで豊富にラインナップされています。

自分の撮影スタイルに応じていろんなアイテムを試すことができますね。

ピークデザインカタログ

自分に合ったアクセサリを使うと

フォトライフがより一層たのしめるものになりますね。

ではまた♪

買ってよかった機材 その3

夏場、屋外でハイスピードシンクロで撮ると買っててよかったなぁ・・・と思うのが

ニッシンデジタル MG8000です。

ストロボのタイプはクリップオンストロボで、

カメラの上のクイックシューに取り付けてつかうことのできるストロボです。

では、なぜこのストロボが「夏場、屋外で撮るとき」に買っててよかったと思えるかというと・・・

「圧倒的に熱に強いストロボ」

だからです。

昔、屋外のイベント撮影で純正のストロボで撮影していたときのことです。

夏は過ぎたとはいえまだ残暑の残る9月

炎天下でストロボを使用して数100枚撮影していたところ、

ストロボが「ポンッ」という音とともに光らなくなりました。

現場では原因がわからず撮影はつづけましたが、

家に戻りストロボをよく見てみると、、、

「発光管がわれていました」

傾けると割れた発光管がストロボの中でキラキラ、カラカラと動くわけです。

違う意味でそれはそれで綺麗でした(笑)

そんな経験を経て、「ストロボは無理をさせると発光管が割れるもの」という認識ができました。

じゃぁ、次に考えることは

「割れない(熱に強い)ストロボはないか?」

色々と探してみたところ一つの製品に行き着きました。

それが、ニッシンデジタル MG8000(生産終了品)です。

このストロボは発光管にクオーツチューブを使用しているのが特徴で、

フル発光の連続撮影でも発光管がこわれにくく、

レンズには耐熱フレネルレンズを使用し、

広角側でのハイスピードシンクロ撮影でもレンズの溶解や変形が発生しにくいのが特徴です。

これまで屋外で過酷なほど発光させ続けていますが、

未だに発光管が割れることもなく使い続けられています。

残念なのは、「生産終了」していること。

Amazonで探すと定価の倍近い値段で売られています。

もし、熱に強いストロボが欲しい場合は、

夏頃発売予定のニッシンデジタル MG80の発売を待つか、

eBayなどの海外のオークションサイトで中古のMG8000を買う

のが、ベターかなと思います。

私は海外のオークションサイトで30000円で手に入れました。

日本のオークションでは定価よりも高い値段が付けられることがおおいので、

海外オークション結構おススメです。

でも、もう少し待てば発売される(らしい)MG80を買うほうがいいかもしれませんねー。

では、また。

買ってよかった機材 その2

買ってよかった機材の続編です。

前回紹介したのは、Kani三脚ストラップ。

新緑が綺麗なこの時期にも大活躍なアイテムでした。

今回紹介するアイテムは

GODOX AD200

・・・なにこれ?

って人もいるかと思いますので、簡単に紹介すると

「小型のストロボ」

です。

GODOXってちょっと聞きなれないなって方も多いかと思いますが、

最近業界で愛用している人をよく見かける中華製のストロボなんです。

中華製って大丈夫なの?

って心配もあるかと思いますがご安心ください。

レビューを眺めるとそれ相応に不具合のあるものもでまわっているようなので、

安心して外れも出荷されているチャイナクオリティと言ったところです。

不具合が結構あるのに「買ってよかった」とは此は如何に?

コストパフォーマンスが良いんです♪

ストロボで個人的に大事だなと思うのは

・しっかりとした光量がある

・チャージが早い

・光が安定している

・オーバーヒートしない

の4点で、

このストロボは35000円(正規代理店のケンコープロフェッショナルイメージングを通すと約55000円)で買えます。

このお値段、純正のストロボの中級機とほぼ同じお値段

それでいて純正ストロボと比べると上記の4点が優れている。

そりゃもう買うしかないですよね♪

ちなみにこのストロボ

カメラに乗せることができません。

あくまでオフカメラライティング(カメラから離してストロボを使う時)のみ有効です。

カメラからこのストロボを使う時に必要なものは

・ライトスタンド(ストロボを立てるスタンド)

・コマンダー(カメラからストロボに発光信号を送るもの)

・ライトシェービングツール(必要に応じて)

です。

ライトスタンドはストロボをカメラから離したところに立てておくためのもので、

こんな形をした足の広がるスタンドです。

コマンダーはカメラからストロボに発光信号を送るもので、

AD200を使う場合はGODOX X-Pro●(●にはカメラメーカーの頭文字C,N,Fなどがはいります)をカメラに取り付けて使用するようになります。

ライトシェービングツールは光の質を変えるもの

ストロボの光を直接あててしっかりとした影のでる硬い光から

ソフトボックスを使って影の輪郭や光の当たり方を和らげたりしてイメージをかえていきます。

こちらも中華メーカーから数千円から出回っていますので、

使い捨てるつもりでひとつくらいもっていても損はないかと思います。

ソフトボックスを使用した写真

一度ソフトボックスを使った撮影をすると

その他の機材もどんどん欲しくなってくるという泥沼ツールです。

よく「レンズ沼」と言われるカメラですが、

ストロボ関係もハマり始めるとキリがない底なし沼になってます(^◇^;)

どこかでGODOX AD200の機能的なところにも触れたいと思います。

ではまたー。

買ってよかった機材

前回は「買ったけど結局使わなくなった機材」を紹介しました。

じゃぁ買ってよかった機材はなにがあるの?

ってところを今回紹介します。

1.KANI 三脚ストラップ

風景写真家・工藤智道先生がプロデュースした三脚用のストラップ

風景写真では必需品の三脚ですが、

持ち運びやすい形状をしていないのが難点。

カメラバッグについている三脚用のホルダーにつけたり、

三脚用のバッグにいれて持ち歩いたりしていたのですが、

いざ撮影!!

となったときにカメラバッグをいちいち下ろして、三脚をはずして、三脚を立てて・・・

どうにもテンポが悪いです。

三脚を手に持てばいいじゃない?

そう思うかもしれませんが、

一眼レフをしっかり支えるための三脚はそれなりに重量がありおおよそ2〜3kg

長時間もって移動すると重さが地味にこたえます。

三脚用のストラップですが、

取り付けたまま撮影、持ち運びができるのが最大のメリット

いちいち撮影の際につけたり外したりする手間がなく、

移動の際にもストラップを肩にかけるだけでOKです。

足場の悪いところを移動する際にも、

片手が塞がらないのもありがたいところです。

商品について詳細を知りたい人は公式の

KANIオリジナル三脚ストラップ

こちらのサイトをみてみてください。

・・・他にも良かったもの多数あるので小出しに紹介していこうかな。

買ったけど使っていない機材について

カメラを買うといろんな機材が欲しくなってくるかと思います。

サイトや雑誌のレビューを見ていると、

「これがあると今よりももっと良くなるはず」

そう思いながらアマゾンの購入ボタンをポチる日々が続きます。

ただ、自分の撮影スタイルに合わないものは次第に使わなくなり、

部屋のスペースを占有するだけのオブジェと化してしまいます。

今回は「買ってみたけど使っていない機材」の紹介です。

1.カメラ用シリコンカバー

Canon キヤノン PEN EOS R EOSR カメラカバー シリコンケース シリコンカバー カメラケース 撮影ケース ライナーケース、Koowl製作、外観が上品で、超薄型、品質に優れており、耐震・耐衝撃・耐磨耗性が高い (ブラック) https://www.amazon.co.jp/dp/B07MXC14XD/ref=cm_sw_r_cp_tai_qin1CbPR9N9GX

モノ自体はとてもいいものです。

カメラの保護の意味で購入してみて、

実際に地面や段差にカメラをこするようなケースもありましたので、

カバーをしている安心感はとても良かったです。

【使わなくなった理由】

・ボタンが押しづらい

シリコンカバーの厚みの分だけボタン類が隠れてしまいまして、

シャッターボタンを押すときに指先で押し込むような動作になります。

指先で押し込むような動作になると、シャッターを押す時のブレにつながるのでちょっとないかなって思いました。

三脚にカメラを付けづらいのもわたしてきにはマイナスポイントでした。

シリコンカバーにも三脚ネジの穴があるので、カバーをしたまま三脚につけることもできるのですが、

カバーの厚さ分締め込みが甘くブレてしまうこともありました。

手持ちの時はカバーあり、三脚使用時はカバーなし

と簡単に脱着できないので結局外してつかわなくなってしまいました。

2.単三電池のストロボ外部電源

NEEWER CP-80 CP80 コンパクトパワー バッテリーパック Canonキヤノン550EX 580EX/II 600EX対応【並行輸入品】 https://www.amazon.co.jp/dp/B00IWLQR5Q/ref=cm_sw_r_cp_tai_ltn1CbYKJ24AS

キヤノン純正のストロボ(スピードライト600 EX)はフル発光のチャージにMax5.5秒かかります。

テンポ良く撮影したいときに5秒ほど時間が空くのがもったいなかったので、

サードパーティ製のストロボ用の外部電源を購入してみたところです。

外部電源を使えるクリップオンストロボは種類が限られ、

キヤノンでは最上位機種しか外部電源からの電源供給に対応していません。

【使わなくなった理由】

・チャージの速度がそれほど改善されなかった。

本体の問題だったのかケーブルの問題だったのか

5秒のチャージ時間が4秒くらいになったかな?

の差だったので、それくらいだったらなくていいかなーと。

・代わりのバッテリーがあった

GODOX AD360に付属しているバッテリーパックPB960にキヤノンのストロボ用のケーブルをつけられることがわかりました。

フルチャージまで1秒ちょっとで発光できるようになります。

外部電源はしばらくの間これで決まりです。

・クリップオンストロボの安い機種

キヤノンのスピードライト320EXなどのガイドナンバー40以下のストロボ

発光量が少ないので、結局限定的な用途でしか使わなくなり、

最終的にはお蔵入りするような機種でした。

ストロボに関しては大は小をかねるので、

初めから高い機種を買っておけばよかったなと後悔しております。

次回は、買って良かった機材について少し触れます。

儲かるから!!

フェアにやるから!!

儲かるから!!

悪いようにはしないから!!

という話や、そういうことを言う人は信用しないようにしています。

信用は過去の実績から

時間もお金も有限

どうつかうかは自分で判断しないとね。

ストロボ選び

カメラを買ってしばらくすると欲しくなるのが、

1.レンズ

2.三脚

3.ストロボ

ですよね。

今回は1と2をすっ飛ばして、ストロボのお話。

ストロボを使うシチュエーションとしては、

暗いところでひかりを足すために発光するイメージがあるかと思います。

実際はいろんな使い方があるのですが、

使い方についてはまた今度さらっと触れたいと思います。

カメラを選ぶ際にも迷ったかと思いますが、

ストロボを選ぶ際にも何を基準に選んだらいいか?

という声をよく聞きます。

ストロボのタイプを分けると大きく3つ

1.ジェネレータータイプ

2.モノブロックタイプ

3.クリップオンタイプ

この中で一番手を出しやすいのは3番のクリップオンタイプです。

クリップオンタイプはカメラの上部にはめることのできるストロボで

お値段も10,000円〜70,000円まで幅広い種類があります。

価格差があるのには理由があって、

光が強かったり、

光の向きを変えられたり、

単三電池以外に外から電源をひっぱれたり、

無線でひかったり(光らせたり)

できるようなものほどお値段が高くなります。

基本的には「大は小を兼ねる」ので、

金銭的に余裕があれば各メーカーの一番いいものを買っておけば結果的に安上がりです。

(筆者はいろんなものに手を出して、結局高いストロボしかつかっていない状態です)

最近は中華メーカーのストロボが人気があって、

現場でよく見かけるのがGODOXというメーカーのストロボ。

価格も純正の1/2〜2/3くらいのコストで抑えられて、

そこそこ使えるということで人気があります。

GODOXから発売されるクリップオンタイプのストロボだと、

今月末にV1という機種が発売になります。

こちらコンセプトはまんまProfoto A1です。

これらのアクセサリーを磁石でくっつけられるあたりもまんまProfoto A1です。

円形マグネット式のアクセサリーシステムとヘッド内臓LEDモデリングライト

についてはProfotoから権利侵害ありと警告があるので、

今後の動向については要注目ですね。

・・・ひとつ注文済みですけどね(笑)

MacBook Proバッテリー交換

出張用にしようしているMacBook Pro(2013 late 15inch)のバッテリーを交換しました。

経年劣化に伴うものだと思いますが、

バッテリーが膨張してしまいかなり怪しい状態で運用していたところでした。

ぐらぐらするMPB

こちらを見ていただくとわかるように、

パソコンの端をゆびで押すと筐体がぐらぐら揺れます(笑)

しかも、パソコンの上に平らなものを載せると、

膨らみによって隙間ができる始末・・・。

中央がもりっともりあがってますね(^◇^;)

筐体が不安定以外に、

・トラックパッドが効かない

・マウスのカーソルが勝手に動く

・勝手にクリックされる

・スピーカーの音がおかしい

・タイプ中に筐体から「パキッ」と音がなる

など、

瀕死状態に近い環境でした。

古いパソコンだしとっくに保証期間は過ぎています。

Appleに修理に出すとおおよそ20,000円ほどかかるようなので、

いっそのこと自分でバッテリーを交換してみようかなと思いました。

というわけで注文したのがこちらのバッテリー

SLODA 交換用バッテリー

お値段は約8,500円

本当に使えるかどうかわかりませんが、

現状のふくらんだバッテリーのまま使用するよりは安心かなということで注文。

製品の中にはバッテリー交換に必要なトルクスドライバーも同梱されています。

(注意)MacBook Proのバッテリーを自身で交換すると、サポート対象外になりますので自己責任でね♪

まずMacBook Proの背面のネジを外していきます。

外すのは赤い丸の付いている10箇所

ネジを外すとパンパンに膨らんだバッテリーと、

長年の埃を溜め込んだ基盤と面会できます。

まず、赤いまるでかこっている端子を外し、

次に青い丸でかこっている部分のネジを外します。

バッテリーはMacの本体に両面テープで固定されています。

これを慎重に外して新しいものに入れ替えます。

交換する前はきちんと動くかどうか心配でしたが、

交換後は特に問題もなく動作しており、

膨らんだ筐体も、トラックパッドの動作も元どおりになりました。

無事に使えるようになったので、

もう2〜3年はこのMacBook Pro(late 2013)に頑張ってもらおうと思います。