Spyder5でMacをキャリブレーション

写真を編集する上で大事なのがモニターのキャリブレーション

モニターのキャリブレーションをざっくり説明すると、モニターの使用時間による経年変化だったり、モニターの種類による色・明るさの違いを計測して正しい色で表示することです。

キャリブレーションには2通り「ソフトウェアキャリブレーション」と「ハードウェアキャリブレーション」があります。

ソフトウェアキャリブレーションはどのモニターでもキャリブレーションできるメリットがありますが、手間がかかったり精度のばらつきなどのデメリットもあります。

ハードウェアキャリブレーションはビデオカードの出力を調整することで色表示を実現するので、作業者のスキルに左右されない精度の高いキャリブレーションが可能です。デメリットとしては対応しているモニターでないとできないので、お値段が高くつきます。

今回使用するSpyder5でMacをキャリブレーションする方法は前者のソフトウェアキャリブレーションです。

Spyder5起動画面
確認事項が表示されます。ディスプレイが起動して安定するまで時間が必要なので、安定してからキャリブレーションするようにします。
ワークフローの選択。複数モニターの色合わせをしたい場合があれば選択することができます。
キャリブレーションの種類を選びます。FullCALを選択すれば精度の高いキャリブレーションができますが、終了するまで結構時間がかかります。
Spyderを表示されているエリアに重なるようにセットします。「次へ」ボタンを押すとキャリブレーションが開始されます。

キャリブレーションが終了するとキャリブレーション前と後の表示を確認することができます。

調整前と調整後の画像の比較ですが、最上段の唐辛子?と人物の画像を比べると違いが分かり易いです。唐辛子の赤みがやや抑えめになり人物の肌の色が青味がかった色から血色が良くなったような感じになっているかと思います。

毎日する必要はないですが、仕事の写真をいじる前だとか、月に一度のペースくらいで調整しておくと安心してレタッチできます。

現像ソフトごとの色の違い

最近メインカメラをFujifilmに変えたこともあって、現像ソフトを何にしようかなと考えていました。

Canonをメインで使っていた時は、Canonから無料で配布されているRAW現像ソフトDigital Photo Professional(以降DPP)を使ってRAW現像することがほとんどでした。なぜDPPを使っていたかというと、無料だから。あと、プリンタもキヤノンなので「撮る」「レタッチする」「プリントする」というワークフローを全てキヤノンで統一できるので、色の誤差が少なかったからという理由からでした。

じゃぁFujifilmの純正のRAW現像ソフトはRAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIXがあります。実際に使ってみたところ自分には合わなかったので、サードパーティーから出ている現像ソフトを探してみました。

Adobe Lightroom
CaptureOne

代表的なところでAdobe LightroomやCaptureOneなど、あとカメラ内現像とをちょっと比較してみることにしました。

Before:カメラ内現像(撮ってだしJPEG)
After:LightroomでプロファイルをカメラPROVIA/標準V2を選択して現像したもの

Before:カメラ内現像(撮ってだしJPEG)
After:CaptureOneで基本特性-カーブをFujifilm PROVIA(Standard)を選び現像したもの

カメラ内JPEGとAdobe Lightroom、CaptureOneそれぞれ標準のものと比較した画像になりますが、それぞれで結構色合いが違うのがわかるかと思います。
(CaptureOneの方はレンズ補正が効いているのか、頭がにゅっとのびますね^^;)

最終的な色味を決めるのはカメラマンな訳ですが、できるだけ撮った状態で完成に近い方が後の処理の時間が短縮できて楽です。撮ってだしJPEGでそのまま納品できるのが理想なわけですが、そうもいかないケースの方が多いので、RAW→レタッチ→現像の際にできるだけイメージに沿うソフトを使うのもいいかもしれませんね。

ベビーサークルがやってきた

一歳を過ぎてますます元気なあーさん

一人目の時は広く感じた家も

元気いっぱいなあーさんにとっては狭く感じるほど活動的です

元気いっぱいなのは嬉しいところなんですが、

目を離せないのもまた困りものではあります。

そこで我が家に登場したベビーサークル

最近は離れたりすると泣いてしまうこともあったので

柵の中に入れちゃうとダメかなーと思ってました。

いざ入ってみると、、

つかまり立ちし放題

おもちゃ投げ放題

と、本人にとってもなかなか快適な空間のようです。

ベビーサークルの隙間から指を入れると

捕まえようとするその様は子猫のようで

遊んでいる親もまた楽しいです。

床に落ちているホコリとかなんでも口に入れる心配も減りそうです(^ ^)

つかまり立ちからたっちへ?

つかまり立ちをし始めてから早2カ月ちょっと

以前はいつ転ぶかわからないほど不安定だったつかまり立ちも

最近はしっかり真っ直ぐつかまり立ちをする様になりました。

油断すると洗濯カゴの上に登っちゃうおてんばさんで、

床に落ちているものは手当たり次第口に入れようとするので目が離せません。

最近はいろんなもので遊ぶのが好きみたいで、

洗濯カゴの持ち手の部分をカチカチならしたり

ひっくり返したりして遊んでます。

冬を迎える高ボッチ

諏訪湖の雲海と富士山の朝焼けが有名な高ボッチ高原
今日も県外からのカメラマンがたくさん来ていました。

高ボッチ高原まで続く道は基本狭い上にそれなりの登り坂
冬になると除雪されることはなく冬季閉鎖となります。
塩尻市のホームページにもありますが、
2019年は12月19日午後2時に崖の湯ルート・午後3時に東山ルートがそれぞれ閉鎖となります。
もし、冬の高ボッチに行く場合はご注意ください。

高ボッチ高原からは日本一高い富士山、2番目に高い北岳、3番目に高い奥穂高岳を見ることができます。晴れていたら諏訪湖から松本平をすっきりと見渡すことができてとても素敵な場所です。

富士山の朝日と諏訪湖の雲海を写真に撮りたい方は車中泊がおすすめです。当日の朝に高ボッチに行くとすでにずらりと三脚が並んでいることが多いので、いい場所から撮ろうと思ってもなかなかそのスペースが空いていません。
ただこの季節車中泊しようとした場合、かなりの寒さを覚悟しないといけませんので防寒対策は万全にしていた方が良いでしょう。

長野の長い冬

たくさん素敵なところがありますので、お越しになる際は冬用の装備をしっかりと準備の上気をつけてください。

最近お気に入りのピクチャースタイル

ピクチャースタイル:スタンダード
ピクチャースタイル:ポートレート
ピクチャースタイル:Soft

撮影した段階で最終的な目標に近い方が後の処理が少なくて楽できるので、ピクチャースタイルで遊んで時間を潰していました。

キヤノンのピクチャースタイルは、カメラプリセットで8種類

  • Auto
  • スタンダード
  • ポートレート
  • 風景
  • ディテール重視
  • ニュートラル
  • 忠実設定
  • モノクロ

この中でよく使うのがディテール重視か忠実設定です。

ポートレートは一見肌の色が明るく見えるのでいいように思えますが、他の色(特に赤系)の色がありえないくらい飽和してしまうので使い勝手が悪いです。衣装だったり、風景に含まれる花などの色味が蛍光色で塗りつぶしたかのような色味になるので、多分プロカメラマンでポートレート使っている人いないんじゃないかな。

で、今回は自分が好きな色味で撮れるようにPicture Style Editorでピクチャースタイルを自作しておきます。

PictureStyleEditorはキヤノンのホームページから無料でダウンロードすることができます。
ダウンロードはこちら

ピクチャースタイルエディタを起動するとダイアログが表示されます。

グレーの枠内に、色味を調整したいRAWデータをドラッグ&ドロップします。

撮影時のピクチャースタイルがオートやプリセット以外のものが選ばれている場合は、このようなダイアログが表示されます。OKボタンを押すと、ピクチャースタイル:スタンダードが適用された画像が表示されます。

編集は「基本」「六軸色」「特定色」の順で調整していきます。
「基本」タブではシャープネス、コントラスト、色の濃さ、色合い、トーンカーブを
「六軸色」タブではR・Y・G・C・B・Mそれぞれの輝度・色相・彩度を
「特定色」タブではスポイトを使って画像内の特定の色に対して輝度・色相・彩度を調整します。

こうして作成した情報を、画面右上のフロッピーディスクボタンを押して書き出します。

保存したピクチャースタイルはEOS Utilityのピクチャースタイルの登録から、カメラ本体にユーザー設定の1〜3のいずれかに設定することができます。

※Mac OSX 10.15ではPictureStyleEditorの保存機能(ピクチャースタイルファイルの書き出し)ができなくなっていました。キヤノンのサイトからソフトウェアをダウンロードする際に10.15を選択すると、DPPとEOSUtilityの2つしかダウンロードできないことから、現状ではMac OSX 10.15にはPictureStyleEditorが対応していないようです。
今後のキヤノンからのソフトウェアアップデート情報に期待しましょう。

CaptureOneでLoupedeck+を使う

LoupedeckはAdobe Lightroom向けの専用コントローラー。露出やコントラストなど写真編集には欠かせないパラメーターをダイヤルで直感的に操作できるので、使い慣れると作業が格段に速くなるデバイスです。

現在、Amazonでも販売されていてお値段¥34,800だったのですが、人気のためかAmazonでは値段がかなり釣り上がっています。(執筆時の11/27現在¥ 56,564

当初、Lightroom専用デバイスでしたが、Adobe Lightroom Classic, Adobe Photoshop CC with Camera RAW, Adobe Premire Pro CC, Capture One, Adobe After Effects CC, Final Cut Pro X, Adobe Audition, Skylum: Aurora HDRなどにも対応しています。

Lightroomなどで使用する際は、Loupedeck公式ページからLoupedeck Softwareをダウンロードする必要があります。ユーザーガイドなどもあるので、一通り目を通しておくといいかと思います。

ソフトウェアをインストールし、Lightroomを起動すると概ねすぐにLoupedeckを使用することができます。露出のパラメーターを調整しながら、色温度の調整をしたり、色ごとの輝度、彩度などをダイレクトに編集できる爽快感は、マウスでの操作では味わえないものです。

・・・と、ここまで非常に便利なLoupedeckですが、Capture Oneではそのままでは機能しません。露出のダイアルを回すと警告音がポンポンポン・・・と鳴って、編集ができない状態です。

CaptureOneでもLoupedeckを使えるようにするには、次の手順が必要になります。

  • CaptureOneを起動する
  • メニューの[編集]から[キーボードショートカットを編集]を選択する
  • キーボードショートカットの編集画面で、Loupedeck_betaを選択する
CapturOneのメニューから[キーボードショートカットを編集]を選択する
キーボードショートカット編集画面
一番上にあるプルダウンメニューから[Loupedeck_beta]を選択する

この手順で設定して、ダイアログを閉じるとCaptureOneでもLightroomと同様にダイアルによる直感的な操作が可能になります。

上記内容については公式ページのSupportにも掲載がありました。
もし、英語が苦手でしたら上記手順をお試しください。

CanonとFujifilmの肌の色

あれ、思いの外色味違ってますね。

片方はEOS R、もう一方はX-T3で撮影した写真です。

皆さんはどちらがEOS RかX-T3かわかりますか?
(正解は一番最後に)

光源はみんな大好きGodox AD2001灯+傘バン

今回ホワイトは背景紙で取ってマニュアルホワイトバランスに設定しています。

ピクチャースタイル/フィルムシミュレーションは各社代表的なものに設定し、
 キヤノン:ピクチャースタイルスタンダード
 フジフィルム:フィルムシミュレーションPROVIAスタンダード
にして
カメラの設定は両方とも
ISO400 1/125sec f/5.6に設定しました。

EOS RもX-T3も瞳AFに対応しているので、シンプルな背景で人物を撮影する時には、瞳AF+コンティニュアスAFに設定しておくとモデルが多少動いても瞳にピントを合わせ続けられるので撮影が非常に楽になります。

EOS RとX-T3の瞳AFを比較してみると、EOS Rの瞳AFの方がやや優秀かなという印象でした。赤ちゃんが下を向いたりちょっと激しく動いたりするとX-T3はAFフレームが瞳から外れてしまいますが、EOS Rは比較的食いついている様子でした。

Sonyの瞳AFも使ってみたいところですが、如何せん金欠(笑)

またしっかりお仕事しなきゃなと思います。

で、写真ですが

上がEOS R

下がX-T3です。

結構肌色のでかたが違うので、たまには違うメーカーのカメラを使ってみると新しい発見ができて楽しいですね。

お家の中で簡単に作れる大光源

新しく張り替えた障子は晴れた日のとてもきれいな光源になります♪

お部屋の中なのでISO感度は少し上げておいて、

光はモデルの側面から来るように撮影するととてもきれい。

街スナ

松本市内をふらふら歩きながらスナップする。

いい気分転換になります。

こういうお店があったんだなーとか、

この細い路地を入ると何があるんだろうとか、

車だと気づきにくいことが歩きだと見つかるので楽しい時間を過ごせます。

松本市の駅前からイオンモールへ向かう道沿いにある中町通り

広い歩道に一方通行の道路

道路の両側には趣のあるお店がたくさん並んでいます。

こちらにあるお店、おいも日和はサツマイモのスイーツ専門店

お店の前には本物の芋けんぴでできたタワーがそびえています。

おいも日和の横の通りを抜けて川を渡ると四柱神社にたどり着きます。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を御祭神としています。

四柱神社横にある老舗の鯛焼きやさん、鯛焼きが美味しいのでおすすめです。